VOLUME STUDIES – EXTRA VOLUME 2

¥ 250

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料250円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

『LOG/OUT magazine ver 1.1 – VOLUME STUDIES 11-20』に収録予定で間に合わなかったインタビューを独立した冊子としてbase限定で販売します。



次なるアクションを目指す『LOG/OUT』の「特別号」 では、メディアと実践との関係性について考えてみたい。議論のお相手は、現在せんだいメディアテーク[smt]で行っている震災の復旧・復興の過程を記録・発信するためのプラットフォーム事業「3がつ11にちをわすれないためにセンター[通称:わすれン!]」を立ち上げたsmtのアーティスティックディレクターであり、大阪にある「NPO法人記録と表現とメディアのための組織[remo]」のメンバーの甲斐賢治さんと、「わすれン!」の運営に深く携わるsmtスタッフ(インタビュー当時)北野央さんだ。誌面から一つ歩を進めるために、メディアと実践とのつながりのみならず、メディアそのものの役割、そして実践することが帯びるメディア性などについて議論した。